フリーランスで活躍した際の確定申告

著名人であっても必ずしないといけないことの一つとして確定申告があります。俳優や声優などのように社会に広く知られている人の場合には、何らかの所属事務所が存在し、そちらで手続きを行うケースもあれば個人で収支の管理を行っているケースもあり、様々となっています。いずれにしても収入や支出のいずれも正しく申告しなければならないということに違いはありません。青色申告を事前に税務署に届け出ていることで、経費として計上できるものが増え、また赤字の場合には翌年度に繰り越せることから、フリーランスの人はあらかじめ届け出てその許可を受けていることが一般的です。

こうした経理処理などは、著名人の場合にあってはなかなか知られていなかったり、あるいはやり方などを知らないで人に任せているケースが多々見受けられます。専門家である税理士等に任せているケースもあるでしょう。ただ、フリーランスの場合には、その申告の責任は会社等とは異なり、必ず自己責任でしっかりと行わなければならないということです。もし後日誤りが指摘されても、会社勤めであればともかくそうでなければ自己責任で必ず訂正申告等が必要になってきます。もし金額が大きければその分だけ延滞金等を求められることにもなりますから、本来正しく申告していれば不要だったはずのお金まで税金として支払わなければならなくなりますので、こうした事態を招くことがないように心がけることが大切です。