確定申告で節税を意識

フリーランスで働く人にとって、納税は大変な作業になるケースがあります。そもそも確定申告自体が相応に手間であることと、さらに納税に至る前までの税務署への申告方法によっては、節税が大幅にできる場合とできない場合があるなど、様々であることからフリーランスの人にとっては相応に苦労することになります。ここで注意が必要なことはサラリーマンではありませんので、一か所からだけの収入というのは考えにくく、複数個所からの収入になるということです。この場合は必ず確定申告により正しく申告を行い、納税をする必要があります。仮に源泉徴収されていたとしても、所得税では問題がありませんが住民税では源泉徴収という発想はありませんので、確定申告をした年の課税額が異なることにつながります。したがって、住民税の申告を別途行うか、あるいは所得税の申告時にまとめてしておいた方が間違いがありません。

なお、もし税金面で節税を考えるのであれば、青色申告の届け出を行っておくことが非常に重要になってきます。経費として計上できるものが多くなる他に、赤字分を翌年度に繰り越せるなどのメリットがあるためです。無論、帳簿類の整理などの問題はありますが、それでもいったんやってみて慣れてしまえば、それほど手間な作業でもありません。もし不安な場合は、申告をする前に税務署に問い合わせをしてみることなどにより自分で学んでみることも有効となるでしょう。
念のため、確定申告に関する情報が載っているサイトを紹介しておきます>>>《フリーランスのための確定申告コーナー