所得税におけるメリットとは

フリーランスと会社員を比較するとそれぞれメリットデメリットがありますが、特に所得税の観点に絞って考えると、フリーランスになった場合のメリットがいくつか見つかります。まず、確定申告です。よく会社員は年末調整で確定申告をする必要がないので便利と言われますが、考えようによっては所得税の仕組みを理解したり、自分の納税額を意識する機会を失うというデメリットもあります。その点、個人事業主の場合は自ら確定申告書を作成する必要があり、その作成過程で自分の納税負担額はもちろん、所得税の仕組みを知ることができるメリットがあるでしょう。仕組みがわかることによって、お金の使い方を工夫して税金を減らす等の対応も可能になります。

また、必要経費という観点でも個人事業主にはメリットがあります。会社員の場合には、収入に応じた給与所得控除がありますが、個人の経費の事情を反映してくれるのは制限付きの特定支出控除だけです。一方、フリーの場合は、事業に直接関係ある支出であれば原則すべて必要経費になり、たとえ収入より経費が多く事業所得が赤字になったとしても、この赤字金額は他の所得と相殺したり、損失の繰越控除もできることになっていますので、必要経費に算入することで節税余地が広がるというメリットがあるのです。もちろん、所得税以外の観点でもフリーランスになるメリットはありますが、税金の観点だけでも複数のメリットがあるということです。